鼻緒の調節

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

「地元の呉服屋さんで紹介された」と言うお客様が相模原からお越し下さいました。
この前、鼻緒が切れて出先で直してもらった、また切れるといけないので鼻緒を挿げ替えて欲しいとの事でした。
金系の布地の草履に銀の前坪が付いているので、多分前坪がどうにかなってそれを替えたようです。
一通りチェックしましたが、鼻緒の中は化学繊維の麻ひもで切れる心配は有りませんでした。
ただ、草履の左右で挿げ具合が全く違っており、片方は22.5cm、もう片方は23.5cm位の足で丁度良いくらいの感じでした。
それを履いてもらうと、「緩い方のが楽」とお客様が言う。
しかし、私が見た限り、きつい調整になっている方のが足にはフィットしている。
緩い方が楽に感じる原因の一つは、鼻緒出来が少し硬いせいも有る。
そこで大手術、(ちと大袈裟)この鼻緒は見た目の張り、腰感を出すためか、鼻緒内に針金が入っていました。
そこで、鼻緒を一旦抜いて、一部をばらして中の針金を抜いてから、お客様の足に合わせて挿げ直しました。
満足していただけたようで一安心