福島履物店トップ →Q&Aサイトマップ

修理Q&Aと、よくある質問

  • Q A
    鼻緒がきつく歩いていて痛い
    鼻緒が緩く歩いていて疲れる
    どちらも鼻緒のすげ具合が足の大きさに合っていないからです。鼻緒の調節で直ります
    草履や鼻緒の表皮が剥けてきた、ぼろぼろになった。 合成皮革の場合、経年変化で6~10年くらい経つとぼろぼろになる物が多いようです。寿命だと思って下さい。 鼻緒だけぼろぼろで、台の方はまだ大丈夫のように見えても同じ素材で作ってあれば、じきに台も寿命が来ます。
    雨の中を履いたら草履の底がはがれた。
    気がついたら草履の天板がはがれていた
    接着し直すことで直ります。自分でする場合には、よく乾かしてから、それまでの接着剤を紙ヤスリ等でよく落として、 G17等の皮やゴム用の接着剤を使います。間違っても絶対に瞬間接着剤(○ロン○ルファ等)は使わないで下さい
    右近下駄の踵のスポンジが減ってきた 最近では、下駄は履き捨て(履けなくなるまで減ったらお終い)です。底スポンジの張り替えは出来ませんが、踵部分だけでしたら草履用の踵ゴムを付けることでまたしばらく履けます
    下駄の歯が減ってきた 「歯入れ」 「歯継ぎ」は現在対応しておりません
    他所の店で買った草履ですが鼻緒の調整をしてもらえますか? 他店の品の調整は有料ですが対応致します。ただし、鼻緒を調整するだけの余裕を残してある草履に限ります
    雪駄を縫ってあった糸が切れて口が開いた 7500円で縫い直すことが出来ます。皮底がかなり減っていたり、中芯が傷んでいる場合は表を再利用して新しい雪駄を作るといった作業になるので15000円くらいかかります。
    余り布で鼻緒を作りたい 10X40センチくらいの生地があれば作れます。鼻緒裏や前坪に使う色も指定出来ます。
  • 鼻緒の調節、すげ替え、前坪交換、天板や底のはがれ、踵ゴムの打ち変え等、可能な限り修理対応いたします。

    踵ゴム等は金槌で釘を打てる方なら、ご自分で交換出来ます。補修部品はこちらをご覧下さい