福島履物店トップ →男の雪駄と草履 →雪駄 →南部表と野崎表の違いについて サイトマップ

南部表とは昔、南部藩の下級武士が内職仕事として編んでいた雪駄表の出来が良かったことから、現在では出来の良い表の代名詞として南部表の名前が残っているだけで、南部で作られた物を指している訳ではありません。
野崎表とは 野崎の語源ははっきりしませんが、通常の南部表よりも編み込みが荒く、仕上げの工程も省いた物を野崎表と呼んでいます。

  • 表の違い 画像クリックで拡大合成

    南部表

    南部表

  • 野崎表

    野崎表

  •  編み込みの比較、明らかに野崎の方が荒いのが判ると思います
  • 部分拡大

    南部表

  • 野崎部分拡大

    野崎表

  • 底の比較、南部は表と底を手縫いで仕上げていますが、野崎は接着です。
  • 南部裏

    糸が表面に出ないように皮底の周囲に浅く切れ込みを入れ、その中で表と底を縫い上げます。底皮の交換も可

  • 野崎裏

    野崎の場合は中芯も硬く接着仕上げの為、若干しなやかさに書けます