緩みにくく歩きやすい鼻緒の調整、挿げ具合へのこだわり

履きよい履物を通販する福島履物店のこだわり

下駄、草履、履物への当店のこだわり。

  • 福島履物店の下こしらえ

    福島履物店のこだわりについて

    鼻緒の端の下こしらえはいくつかのやり方がありますが、これが当店のやり方です。
    一番手間がかかるやり方ですが、緩みにくく挿げ具合の微調整が効くので長年このやり方で挿げています。

    鼻緒の端の下こしらえはいくつかのやり方がありますが、これが当店のやり方です。一番手間がかかるやり方ですが、緩みにくく挿げ具合の微調整が効くので長年このやり方で挿げています。

  • 緩みにくい鼻緒挿げ

    一番こだわっている部分で、これが有るから180年以上営業を続けることができ、わざわざ遠方からご来店下さるお客様がいらっしゃるのではと思います。
    一つ目は鼻緒をすげる技術、もう一つはお客様の足に合うように履き良く調整する技術です
    鼻緒のすげ方はいくつか方法がありますが、当店ではその中でも一番手間のかかるやり方ですげています。理由は簡単、このやり方が一番鼻緒と芯のなじみが良く緩み難いからです。

    一番こだわっている部分で、これが有るから180年以上営業を続けることができ、わざわざ遠方からご来店下さるお客様がいらっしゃるのではと思います。一つ目は鼻緒をすげる技術、もう一つはお客様の足に合うように履き良く調整する技術です鼻緒のすげ方はいくつか方法がありますが、当店ではその中でも一番手間のかかるやり方ですげています。理由は簡単、このやり方が一番鼻緒と芯のなじみが良く緩み難いからです。

  • 一番重要な足に合うように調整する技術

    これは理屈より経験の積み重ねによるところが多い技術で、当店のスタッフは素足を見ればそのお客様にぴたりと合う鼻緒調整が出来ます。
    鼻緒が足に合わない程きつければ、その為に足が痛くなります。逆に緩ければ楽そうに感じますが、緩いと履物のなかで足が必要以上に動くので、歩いて疲れるし鼻緒擦れがおき易くなります。
    中綿が入った出来の良い鼻緒を足に合うように挿げて、初めて足の痛くならない下駄や草履が出来ます

    これは理屈より経験の積み重ねによるところが多い技術で、当店のスタッフは素足を見ればそのお客様にぴたりと合う鼻緒調整が出来ます。 鼻緒が足に合わない程きつければ、その為に足が痛くなります。逆に緩ければ楽そうに感じますが、緩いと履物のなかで足が必要以上に動くので、歩いて疲れるし鼻緒擦れがおき易くなります。中綿が入った出来の良い鼻緒を足に合うように挿げて、初めて足の痛くならない下駄や草履が出来ます

  • 塗り下駄の台

    塗り下駄の場合塗ってしまえば判らないので天二・天三の台を使用しているところもありますが当店では塗り下駄も天一か真物を使用しています。
    天一・天二・天三・真物の解説はこちらをご覧ください

    塗り下駄の場合塗ってしまえば判らないので天二・天三の台を使用しているところもありますが当店では塗り下駄も天一か真物を使用しています。天一・天二・天三・真物の解説はこちらをご覧ください

お問い合わせについて

福島履物店のこだわりについて

042-622-4427

受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

メールはこちら

お問い合わせ

お問い合わせ、修理の依頼はこちらから(画像も添付できます)

お問い合わせ、修理の依頼は
こちらから(画像も添付できます)

お電話は営業時間内にお願いします

042-622-4427

受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

福島履物店のこだわりについて

履き良い下駄、草履、雪駄の通販と実店舗販売

福島履物店

住所 東京都八王子市中町7-11

福島履物店のこだわりについて
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 042-622-4427
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ、修理の依頼はこちらから(画像も添付できます)

お問い合わせ、修理の依頼は
こちらから(画像も添付できます)

お電話は営業時間内にお願いします

042-622-4427

受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

福島履物店のこだわりについて

履き良い下駄、草履、雪駄の通販と実店舗販売

福島履物店

住所 東京都八王子市中町7-11

福島履物店のこだわりについて
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 042-622-4427
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 福島履物店 All right reserved.