福島履物店トップ →サイトマップ修理について

※修理の前に!

 

最近、「片減りした下駄の歯を削って高さを揃えたい」「下駄や草履の底が減ったので張り替えたい」といったお問い合わせが非常に増えていますが、下駄や草履は多くの革靴やスニーカーと同じ消耗品です!!歯を削って高さを揃えると歯にめり込んだ小石でノコギリや鑿(ノミ)が刃こぼれするのでこういった作業は職人が嫌がるためお受け出来ません。右近下駄や草履のカカトゴムは減ったら交換が出来ますが、基本的にそれ以外の減った部分を直しながら履くようには作ってありません。スニーカーの底が減ったからといって張り替えますか?何度も言いますが消耗費品です!履けなくなる所まで減ったら買い替えましょう。
底の張り替えが出来るのは手縫い仕上げの高級な雪駄だけです。

無料修理とは?

  • 当店でお買い上げいただいた下駄と草履を何度でも無料で修理することです。
    無料修理の範囲
    下駄の鼻緒の挿げ具合の再調整、草履(軽装草履は再調整出来る構造では無いので対象外)の踵ゴムの打ち替え、天板や底の剥がれ修理、鼻緒の再調整
    当店では簡単には緩まないように鼻緒を挿げておりますが、体重の何倍もの力が加わる部分ですので、履いているうちに鼻緒自体の伸びも含め、緩みが出てきます。
    あまり緩くなると歩きにくく疲れますので再調整をお薦めします。
    調整は無料ですが、ネット通販の場合、往復の送料はお客様のご負担になります。

    無料で修理出来る訳

    修理のほとんどは自店内で行っております。ですから技術料や手数料などを無料にできるのです

    ただし、修理に必要な材料は有料の場合もあります

  • 他店お買い上げの物でも鼻緒の調節、すげ替え、前坪交換、天板や底のはがれ、踵ゴムの打ち変え等 可能な限り修理対応いたします。下記をよくご覧の上お問い合わせ下さい。
    金槌で釘の打てる方でしたら、踵ゴムは自分で交換出来ます。補修部品はこちらをご覧下さい

  • ただし以下のような造りの物は鼻緒調節や挿げ替えはできません

    スポンジ底の物や下の画像のような物。一見草履のように見えますが、これは軽装履と言う履物で鼻緒を挿げたものではありません。 造りはサンダルと一緒で、天板側に鼻緒を取付け台と接着した物なので、構造上鼻緒の調節や交換は出来ません。構造の詳細はこちらをご覧ください

    修理不能
  • 修理Q&Aと、よくある質問
    Q
    A
    鼻緒がきつく歩いていて痛い
    鼻緒が緩く歩いていて疲れる
    どちらも鼻緒のすげ具合が足の大きさに合っていないからです。鼻緒の調節で直ります
    鼻緒の修理
    鼻緒で修理可能な部分は前坪だけです。それ以外の部分の不具合は新しい鼻緒と交換するしかありません。
    草履や鼻緒の表皮が剥けてきた、ぼろぼろになった。
    こんな状態です
    合成皮革を使用している場合、合皮が作られた時点から劣化が始まり10年くらいでぼろぼろになります。合皮が製造されてからその合皮が草履になるまでの期間、草履が店頭に並ぶまでの期間、並んだ草履が購入に至るまでの期間、その合計が長ければ買ってから数年しか経っていなくても、劣化している事があります。これは材料の寿命が終わっているので直せません。 鼻緒だけぼろぼろで、台の方はまだ大丈夫のように見えても同じ素材で作ってあれば同様に劣化しているので鼻緒のみ交換しても台もすぐ使えなくなります。
    雨の中を履いたら草履の底がはがれた。

    気がついたら草履の天板がはがれていた
    接着し直すことで直ります。濡れている場合には、水を含んだ皮底を完全に乾かしてから(湿気があると接着剤がうまく乗りません)、それまでの接着剤を紙ヤスリ等でよく落として、 皮やゴム用の接着剤(コニシのG17、Gクリアー等)を使います。間違っても絶対に瞬間接着剤(○ロン○ルファ等)は使わないで下さい。
    古い草履で、濡らしたわけでもないのに気がついたらはがれていた、といった場合は、接着剤の効力がなくなってはがれるといったケースが多いようです。この場合は、古い接着剤を完全に取りきらないと、新、旧、接着剤の間でまたはがれることがありますが、素材にしみ込んだ古い接着剤を完全に取り除くことは出来ません。こういった、直しても又はがれる可能性のある物の修理は、基本的にお受け出来ません。(再度剥がれる可能性がある事を承知していただければ直します)
    右近下駄の踵のスポンジが減ってきた
    基本的に下駄は消耗品、履き捨て(履けなくなるまで減ったらお終い)です。底スポンジの張り替えは出来ませんが、踵部分だけでしたら草履用の踵ゴムを付けることでまたしばらく履けます
    下駄の歯が減ってきたので、何とかしたい
    歯にゴムを付けることが出来ます。 途中で歯を切って新しい歯を接着する「歯継ぎ」は現在当店は対応しておりませんが、職人の手間賃もバカにならない昨今、よっぽど思い入れのある下駄でなければ、「歯継ぎ」をするより新しい台にそれまでの鼻緒を挿げ替えた方が安い場合が多いです。
    塗下駄の塗がはがれた
    ぶっつけて一部塗がはげた
    申し訳ございません。塗り替えやタッチアップは行なっておりません。気になるようでしたら、「ふぐ印新うるし」という塗料(釣り具屋さん等に置いてあるようです)を使って、ご自分で塗り直してみるのもよろしいかと存じます。
    他所の店で買った草履ですが鼻緒の調整をしてもらえますか?
    他店の品の調整は有料ですが対応致します。ただし、鼻緒を調整するだけの余裕を残してある草履に限ります

    鼻緒の調節、すげ替え、前坪交換、踵ゴムの打ち変え等、可能な限り修理対応いたします。

  • 踵ゴム等は金槌で釘を打てる方なら、ご自分で交換出来ます。補修部品はこちらをご覧下さい

    鼻緒の挿げ替えについて

    紳士の鼻緒婦人の鼻緒の中から選択出来る物をお選びください。鼻緒代+すげ替え技術料750円(雪駄や表付きの下駄の場合1030円)で承ります。

    ネット上からご依頼の場合


    1.挿げ替える鼻緒を選び「買い物かご」に入れ代金引き換えでご注文下さい。


    2.住所氏名入力欄の下部にある「足のサイズ、他ご要望等」のコメント欄に足のサイズをご記入のうえ、「鼻緒挿げ替え希望」と明記して下さい。


    3.挿げ替えご依頼品を当店までお送り下さい。到着次第鼻緒を挿げ替え、完了後挿げ替え技術料を加算した金額で代金引き換えで発送致します。
    合成皮革の劣化した(鼻緒のボロボロになった)草履の鼻緒挿げ替えはしておりません。(挿げ替えても台がすぐに使えなくなるので、鼻緒と交換工賃がもったいないと思います)上記の修理Q&Aをご参照下さい。


    挿げ替えの場合、古い鼻緒は切り取り 処分します。もし古い鼻緒が必要な場合は、事前にその旨御連絡下さい。この場合、取り外しの手間賃200円が必要です。(雪駄、表付き下駄は鼻緒を表側に抜くと編んである部分が切れたりばらける事があるので、鼻緒は切って裏側に引き抜きます。切れたりばらけても良ければ、再利用出来るように鼻緒を抜きます。)

      
修理をご希望の方は、こちらから修理内容について当店までお問合せ下さい。
その際、出来れば対象物の画像を添付していただけると、より正確な判断が出来ると思います、内容を確認し、見積もりをお送りしますので、ご確認の上修理依頼品を当店までお送り下さい。
※修理完了品は代金引き換えにて発送致します。
修理内容
料金(履物の状態によって違うので、あくまで目安)
鼻緒の調整
1050円
鼻緒の挿げ替え
鼻緒代+すげ替え技術料750円(雪駄、草物は1000円)
※台、鼻緒共に持込みの場合は持込み料970円追加
前坪の交換(同じ色はなかなか無いので似た色、合う色を提案させていただきます)
交換は左右1セット、ワナ生地で1360円、革や本天で1650円
交換はこのようになります
はがれ
上記Q&Aにも記述しておりますが、はがれの修理は基本お受けしておりません。
草履の皮底の張り替え
底は接着してあるため張り替えは出来ません!!
手縫いで仕上げた南部表の雪駄のみ張り替えが出来ます。
草履の踵ゴム打ち変え
婦人Mサイズ400円 婦人Lサイズ500円
紳士「ゴム」600円 紳士「皮」鋲付900円
下駄の歯にゴムを付ける

汎用品 婦人サイズ600円 紳士サイズ700円
形に合わせて貼るオーダー、右近、千両下駄もOK
二枚歯婦人下駄で600円、紳士下駄で700円より
貼る枚数と面積、下処理(貼る面が平滑でない場合、研磨加工が必要)によりかなり変動します

朴歯、一本歯等の歯入れ
(ゆるんだ鼻緒も再調整します)
下駄の歯入れをする職人が居なくなった為、
ご使用中の下駄の歯入れは受け付けておりません。

  実際の修理ではこんな事までやってます